車を売るときのオークション代行は中古車専門のオートオークション(USS、JU、CAAなど)に代理で出品してもらう方法です。中古車専門のオートオークションは中古車売買業者専門のオークションのため、個人での売買はできません。オークション代行は、

オークション代行のメリット

  • 買取や下取りよりもさらに高額に売れる可能性ある

実際の中古車販売業者が多数参加しているので、下取りや買取よりも売却価格が高くなる可能性があります。

オークション代行のデメリット

  • 落札されるまでに時間がかかる場合がある
  • 信頼できるオークション代行業者がわからない
  • 車が売れなくても手数料がかかる
  • 直接オークションでのセリになるので売却価格が安定しない

まず、車買取専門店のように大手のオークション代行業者はありません。「大手=信頼できる」という単純な問題ではありませんが、オークション代行の探し方は住んでいる地域の近くで探すことになります。そこで信頼できるオークション代行が見つからない可能性も非常に高いです。

代行手数料のみで車を売ることが可能なので、下取りや買取業者よりも高値になる場合もあります。オークション代行の場合売れるまでは代行業者にお願いすることになりますので、もしオークションで落札されなければ手数料があがります(最終的に売れなかった場合でも手数料はかかります)。また、落札されるまで車もない、プラス代金の支払いは落札後となるため車が売れなければ車もお金も手元にない状態が続きます。

車を売るときにオークション代行を利用する方法は、売却までの時間や信頼できるオークション代行業者を見つけるのにも時間がかかるため、中古車業界に詳しい人以外にはあまり大きなメリットはありません。

やはり車業界に携わっていない人が車を売却する時には、金銭や時間のリスクを極力抑えた上で、できる限り売却額を高くしていく方針が安心です。最もバランスが取れているのが、車の買取専門店で売却することです。

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定