まず車を売る場合に知っておきたいのは、「車は新車でなくなった時点で一定の価値下落が発生する」ということです。

未使用車(新古車)という言葉を聞いたことがあるでしょうか、車の展示場や試乗会場等で使われていた車で一般ユーザーには使われていない車の事を表します。中古車販売店等でも「未使用車」で売られている車を見たことがあると思います。

車は未使用車になった時点で売却価値が30%程度下落する

この未使用車でも新車価格の10%程度価格下落が発生していることが結構あります、走行距離で50km近辺のことが多いです。この10%というのはあくまでも「買う場合の価格下落」です、未使用車を購入するなら10%程度安く購入できるということです。

一般ユーザーは未使用車を売却する場面というのはありませんが、もし売却するなら30%程度は価格下落します。

さて未使用車の説明をしましたが、これは車は車両登録された時点で車の価値は少なからず下落するということを知って欲しかったためです。(※ちなみに、新古車という呼称は公正取引委員会で禁止されています。未使用車が正式な呼称です。)

次に5年落ちの車を売る場合の注意点を説明します。

5年落ちで車の売却価格が落ちるパターンが多い

では、5年落ちの車はどれほどの価格下落が発生するのでしょうか。5年というとちょうど2回目の車検が発生する時期です。

車の価値下落に多いパターンとして、3年落ち(第1回車検)、5年落ち(第2回車検)そして10年落ちというのが一般的な考え方です。車自体の劣化が理由の1番の理由ですが、他にも同車種の新バージョン登場、走行距離等のいろいろな要素が車を売る場合の価格に反映されます。

中古車市場で人気車種の場合は価格下落も少なくすみますが、それでも新車価格の半分程度になります。

では、5年落ちの車をより高く売るためにはどうすればよいのでしょうか?

まずはどの中古車買取店で高く売れるのか査定してもらう

中古車市場というのは、ある程度の価格は決まっていますが上述したとおり新車登録からの年数、走行距離、新車種の登場、人気車種・色等のいくつもの要素がからみ合って決まります。また、各中古車買取店でも価格差がでます。

まずは、あなたの車を1番高く買取ってくれる買取店を探しましょう。地域によって自宅近くに買取店があるかどうか、いくつの買取店があるのかわからない人も多いでしょう。

そのような場合に使えるのがインターネットでの車の査定です。あなたの車の情報を入力するだけで、その車をどの店舗がいくらで買取ってくれるかという一覧を見ることができます。

車種情報の入力も数分で完了します。もちろん無料で利用できますので、あなたの車を1番高く売れる買取店を探しましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定