今まで長年を共にしてきた愛車も購入から10年が経過し、走行距離も10万キロを超えた。不慮の事故によりまだまだ乗ろうと思っていたのに修理するにはお金がかかりすぎる。やむを得ず廃車にせざるを得ない場合があるでしょう。

「仕方ないけど廃車だな、でも廃車にするのって費用がいろいろかかるんだよね?」

普通の家庭ゴミとは違って廃車にするにはお金と手間(時間)がかかります。ここでは廃車費用について詳しくお伝えするとともに、最悪でも廃車費用と手間をかけずに車を処分する方法を書いていきます。

廃車費用って実は数百円程度

廃車は結構費用がかかると思っていませんでしたか?ネット上で1万円~3万円かかると書かれていたり、これまで費用をかけて廃車を経験していた場合は「廃車費用って高い!」と思っても仕方ありません。しかし廃車の費用って実は数百円です。

廃車には永久抹消と一時抹消(+解体届出)があり、2つで若干(数百円)費用が変わります。

永久抹消と一時抹消

詳しく説明しますと、永久抹消とは「(災害等で使えなくなった場合を含み)完全に車を利用せず、解体する」、一時抹消とは「(出張や盗難で長期的に利用しない・できないので)一時的に車の利用を止める」ということです。

混同されがちですが、一時抹消だけでは廃車には含まれません。一時抹消後に車を解体し各自治体の陸運局(運用局)に解体届出を提出して初めて完全に廃車ということになります。

以下で、永久抹消する場合の廃車費用を説明します。一時抹消に関しては解体届でがあるため数百円程度高いと考えてください。

項目 金額
用紙代 約100円
解体費用 約3万円~
レッカー費用 約1万円

一時抹消の場合には登録代の350円が加算されます。解体費用は資格を持った解体業者に車の解体を依頼した時の費用です。自動車リサイクル法により資格を持った人しか車は解体できません(車解体を自分でやろうと思ってる人はあまりいないと思いますが)。

レッカー費用は自走できない車(不動車)の場合に、解体場まで運んだり解体業者が引き取りに来たけれど積載車まで移動しなければならない場合に発生します。費用はJAFを参考にしています(会員なら1,000円程度)。

廃車費用をかけずに車を手放そう

「車の解体費用やっぱり高いな」と思われるかもしれません。しかし、この廃車費用を全くかけずに廃車することができます。廃車専門の買取業者へ依頼することです。解体や不動車のレッカー移動はもちろんのこと、書類手続きの代行もしてくれます。

廃車だと思い込んでるけど車体自体に査定が付き、思ってもみない価格で車を引き取ってくれることもあります。つまり廃車費用がかかってくると思っていたのに、逆にお金が返ってくるパターンです。廃車でも買い取ってもらえるんです。

廃車買取は安心サービスの車買取カーネクスト

廃車だと思っていても売れることがある

廃車専門の買取業者であれば、少なくとも費用をかけずに(もしかするとお金が返ってくる)廃車にできることをわかっていただけたでしょうか。

更に踏み込むならば、廃車と思っていた車が高値で売れることもあります。日本特有の考えで「古くなった車=廃車」という考え方はまだまだ根強く、何も考えずに廃車にしてしまうと金銭面で大きな損をしてしまいます。

損をしないためには廃車専門業だけでなく、車買取専門店にも査定依頼しましょう。その場合は、最大10社に一括で査定依頼できるサービスを利用すると簡単に査定できます。

廃車にしかならないと思っていた愛車を費用をかけずに、最後までうまく付き合ってください。

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定