引っ越しや結婚などで、今まで乗っていた古い車を廃車にする人がいます。しかし、年式が古くても廃車にしてしまうのは非常にもったいないです。車はたとえ事故車であっても売ることができます。

ひと昔前は10年10万キロが区切りと言われ、この条件を超えた車は売却価値がありませんでした。最近は海外への輸出が増え、中古車や日本では廃車になるよな車でも積極的に中古車買取店へ売ることができるようになりました。車として使えない場合でも、パーツや部品を取り外して使用できるため廃車されるような車でも専門店は買取します。廃車を考えていた場合でも、売却を検討してみてください。思わぬ臨時収入になる可能性があります。

長年の放置車でも廃車ではなく売却

長年乗らずに駐車場や車庫に放置している車でも売れてしまいます。エンジンも数年かけてないし、車検が切れてから期間もかなり経過している・・・そんな場合でも大丈夫です。自分で廃車手続きをするのが面倒くさいからとりあえず放置してしまっており、廃車にするタイミングを逸している人もいるでしょう。毎年、自動車税はかかっているので使わないのであれば売却してしまいましょう。廃車に必要な書類や手続きも全て業者側で行ってくれ、売却代金までもらえるので放置して使わない車がある人は廃車ではなく売却にしましょう。

廃車か売るか悩んでいるならまずは査定

乗りつぶした車でも買い取ってくれる中古車買取店はたくさん存在します。長年乗り続けて、いろいろなところにぶつけて修理していない・・・「こんな車に値段なんてつくわけがない!」と思い込んでいる人は思いの外多く、売却価格を見積もってもらうことすらせずに廃車にしてしまいます。

車をぶつけてキズがあっても、以前に事故を起こして修復歴があっても、中古車というの「鉄の塊・高機能部品が付いている」というだけで一定の価値を生み出します。廃車か売却か悩むのであれば、中古車買取店の査定を受けて車の売却額を見積もってからでも遅くありません。廃車を決断する前に、複数の買取店に愛車を査定してもらいましょう。最後の最後にお金を残してくれます。

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定