車の維持費は年間で思ったよりもかかっています。自分自身が乗っているのに、どのぐらいの維持費がかかっているのか知らない人も多いのではないでしょうか。好きな車にこだわりを持って乗っている人は別ですが、会社員の通勤用、大学生の通学用、主婦の買い物用などなんとなく今の車に乗っている人も多いと思います。

車の維持費が年間にどのぐらいかかっているのかをしっかりと把握し、削れる部分は削って維持費をなるべく安く抑えましょう。

維持費の具体的な内訳

車の維持費がガソリン(燃料代)や自動車保険料だけだと思っていませんか?実は以外な所でお金をたくさん払っています。ここでは車の維持費の具体的な内容を説明します。

  • 自動車税
  • 自賠責保険料
  • 自動車保険料(任意保険)
  • 車検費
  • ガソリン代
  • 駐車場利用料
  • 高速利用料
  • オイル、タイヤ等の部品交換費用
  • ロードサービス料
  • リサイクル料

車にかかる維持費のうち乗っていなくてもかかってしまう最低限の費用が「自動車税」と「自賠責保険料」です。ただし持っているだけで乗らない人はほとんどいないと思いますので、次から各維持費について説明します。

自動車税

車にかかる税金は取得時のみにかかる「自動車取得税」、車検ごとにかかる「自動車重量税」そして毎年かかる「自動車税、軽自動車税」があります。もちろん購入時には「消費税」もかかります。自動車税はもっているだけで毎年払う必要があります。

→自動車税の詳しい説明はこちら

自賠責保険料

車に対して強制的に加入が義務付けられている保険です。新車、または中古車購入時に加入しています。次の自動車保険と異なり「対人のみ」が補償対象で、死亡時の限度額も「3000万円」となっています。大きな事故の場合、自賠責保険だけでは賄えないことがほとんどですので任意保険にも加入するのが当たり前となっています。普通自動車なら約16,000円/年間、軽自動車なら15,500円/年とあまり差はありません。自賠責保険料は後に説明する「車検費」と一緒に払うのが一般的です。

自動車保険料(任意保険)

自賠責保険と異なり、各自で補償内容を決めて加入できる保険です。等級、車両保険の有無や対人・対物の限度額など様々な要素で保険料が決まります。実は自動車保険料を見直すだけで、年間1万円以上の維持費を節約できることもあります。

→自動車保険のページへ

車検費

一般的な自家用車なら新車購入後の初回は3年後、その後は2年に1回受ける必要があります。車検費用は「法定費用」と「車検費用」の2つにわかれます。法定費用は重量税、自賠責保険料、印紙代で構成されていて費用はどこで車検を受けても同額です。車検費用は車検を受ける業者によって違ってきます、点検・整備、部品交換や手数料で構成されるのが一般的です。

車を売る時は車検を受けずに売りましょう

ガソリン代、駐車場利用料、高速利用料

ガソリン代と高速利用料は利用頻度によって金額が大きく変わってくる部分です。

駐車場は借りているか自分で所有しているかの差です。郊外の一戸建てであれば駐車場代がかからないですし、都心部で月極を借りている場合は30,000円/月程度かかることもあります。

オイル、タイヤ等の部品交換費用

部品交換もする人としない人にわかれそうな項目です。よくガソリンスタンドなどで「オイル点検無料実施中」などのキャンペーンを見かけることがあります。オイル交換は1年毎や15,000kmごとなど意見がいくつかあります。車検ごとにしかオイル交換しない人も多いかもしれません。

タイヤ交換も難しいですが、溝が減っているタイヤで高速道路の利用は大変危険なので適切な期間で取り替えましょう。

雪が降る地域限定ですが、スタッドレスタイヤへの交換費用を払っている人もいるのではないでしょうか。1回に2,000~3,000円が相場ですので、年間に4,000円~6,000円が費用としてかかっていることになります。タイヤ交換にもパワーが必要なので女性は難しいかもしれませんが、男性は自分で交換できると費用を節約することができます。

車の維持費節約には買い換えも検討しよう

車の維持費には以外にもお金がかかっていることがわかって頂けたと思います。車は買うよりも維持するほうが難しいと言われる所以です。高額な車であれば維持費も高額になることがあります(重量税、ハイオク代、整備費等)。車へのこだわりがなければ、早い段階で維持費の安い車(軽自動車等)に乗り換えることも検討してみましょう。

車の維持費に年間でどのぐらい差がでるか比較しました。

→車にかかる年間の維持費を比較してみました

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定