一言に事故車と言ってもさまざまありますが、車体のヘコミやキズだけの場合はもちろんボンネットが潰れてしまったようなフロント事故車、ボディの側面が凹んでしまってひと目で事故車と判断できるような場合でも車種や年式などによっては十分売ることができます。

「事故車(自走できない不動車)=廃車」というイメージがありますが、決してそんなことはありません。これまで廃車になると思っていたような車でも買い取ってもらえることはあります。ディーラーや中古車販売店で下取り額0円と言われたような車でも、車買取専門店では売却金額をつけてくれることがあります。

中古車買取店の強みはまさにここにあります。通常、ディーラーでは下取り価格がつかないような車でもパーツを分解して売却したり、まだまだ日本車が人気の海外で整備してから売るなど、中古車買取店ならではの販売ルートを持ち合わせています。

事故車は修理してから売る方が良い?

ただし、事故車でも修理せずに売る方がトータルではプラスになります。

事故車の場合、同じ状態で無事故の車があれば当然後者の売却額が高くなります。車体を直したほうが買取時の査定額はアップするので修理したくなりますが、修理費用より査定の金額が高くなることはまずありません。事故を起こした車を売却する場合(ボディのキズやヘコミも同様)は、修理せずより高額で売れる車買取専門店を探すのが得策です。

事故車は中古車買取店で売却はできても、やはり無事故車よりは査定額が下がります。そこで、できるだけ高く売るためには多くの買取店に査定してもらうようにしましょう。車売るティメットで紹介している無料の一括査定サービスが便利です。わずか1回1分の入力・申込で複数の買取業者から査定を受けることができます。

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定