個人売買はその名の通り、売買の一切に業者を絡ませず自分で完結させる方法です。売却ルートはいくつかあり、個人売買で一般的なのはヤフオクなどの個人が参加できるオークションで売却する方法と知人や友人に売却する方法です。

個人売買のメリット

  • 業者の中間マージンがないので売却価格が高くなる
  • ヤフーオークション(ヤフオク)などでも出品できる
  • 本当にその車がほしい人を直接探すことができる

個人売買のデメリット

  • 手続きが1番面倒くさい
  • オークションなどで個人売買はトラブルが多い
  • 名義変更やローン残処理などの事務手続きが面倒で時間が掛かる
  • 受け渡しに陸送など手配が必要になる
  • 友人・知人へ売る場合に関係が崩れることがある

個人売買は基本的にハイリスク・ハイリターンです。売買間に中間業者が一切絡まないので、高値で売れる可能性はあがります。希望価格になるまで売却しないという方法を取ることも可能です。ただし、他の方法に比べてトラブルになる可能性も大きくなります。

オークション等で車を売る場合は修復歴やキズなどの状態はもちろんのこと、かなり細かく車の状態を相手に伝えていないとクレームにつながります。実際に車の状態を確認して(現車確認)から落札してもらうのがトラブルも起こりづらいです。個人でオークションに出品する場合には良い方法ですが難しい場合が多いです。

名義変更やローンが残っている場合はその処理など普段は買取専門店や下取り業者が行っている事務手続きを全て自分で行う必要があります。

個人売買に面倒臭さとトラブルはつきものです。買取業者等を経由して車を売っている場合は、トラブルになっても中古自動車販売協会連合会や自動車公正取引協議会などの第三者機関に相談することも可能ですし、そもそもトラブルが圧倒的に少ないです。

個人売買で発生したトラブルは基本的に個人間の契約になりますので、自分たちで解決していく必要があります。

車を個人で売ることは大きいリターンを期待できる分リスクも大きいです。車が売れた場合の一連の事務手続きや、トラブルの対処法に詳しくない方は避けたほうが無難です。

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定