車を売る時の公的査定期間である日本自動車査定協会(以下JAAI)によって「修復歴車」は厳密に規定されています。「修復」という言葉を聞くと、少し車を直した(塗装剥がれなど)でも適用されてしまいそうに聞こえます。しかし、車の修復歴は原型部分である「骨格」の損傷や修復を指します。

査定時に知識をひけらかす必要はありません。しかし修復歴の知識を持っているだけで査定士の話もわかりやすくなりますし、間違いや謂れのない査定額の減額にも対応できるので覚えておいて損はありません。

JAAIによる修復歴の定義

修復歴車の定義はJAAIによって明確に決まっています。定義なので難しい言葉を使っていますが、まずはJAAIの定義を見てください。

shufukureki

  1. フレーム (サイドメンバー)
  2. クロスメンバー
  3. インサイドパネル
  4. ピラー
  5. ダッシュパネル
  6. ルーフパネル
  7. フロア
  8. トランクフロア
  9. ラジエータコアサポート

1.から8.の骨格部位に損傷があるもの又は修復されているものは修復歴となります。但し、ネジ止め部位(部分)は骨格にはなりません。

9.は交換されており、かつ隣接する骨格部位に凹み、曲がり又はその修理跡があるものが修復歴となります。

日本自動車査定協会 修復車の定義とは

骨組みを取り替えでもしない限り厳密な修復歴車ではない

JAAIの修復歴車基準を見ると、かなりの大きい事故や車の破損により車の骨格部分を修理・交換しない限り「修復歴車」となりません。

例えば「ドアが大きくへこんだので取り替えた(図4近く)」という場合でも「ピラー」と呼ばれる骨組みに損傷がなく修理していない場合には修復歴にはなりません。ドアまで取り替えているのに修復歴にならないのはかなり驚きます。

車の修復歴というのはそれほど「車の根幹」を脅かすレベルの修理であることが条件となります。車の根幹である骨格部分を修理すると、例え綺麗に修理していたとしても長年走行することで少しずつ歪んでくる可能性があるためです。片足を怪我してかばっている状態と似ています。もう一方の足に負担がかかり、怪我をしていない足まで悪くなってしまうこともあります。中古車を販売するときも「修復歴」は明確にして販売する必要があります。

査定会社ではAAの独自基準を使うことがある

修復歴の基準がここまでしっかり決まっているのに、車を査定すると会社によって「修復歴の有無」が異なる場合があります。車の流通ルート(専用オークションでの売却、自社販売等)により独自基準が存在するためです。公的機関であるJAAIで定義する「修復歴」とビジネスで利用する「修復歴」が同じ言葉でも意味にズレがでてきます。

自分の所有する売りたい車がどう判断されるのかは、査定を受けてみるまで素人目で判断するのは非常に難しいです。それでも修復歴車をできるだけ高く売るためには査定会社をうまく使っていく術があります。方法を詳しく説明しているので以下の記事をどうぞ。

査定を賢く使う!修復歴のある車を賢く売る

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定