ローンが残っている車は基本的にそのままの状態で売ることはできません。ローンを完済できれば一番良いのですが、完済前に売りたい場合は車の所有者の問題により、そのままでは売れないパターンがあります。ローン残債ありの場合に車の所有者が購入したディーラーや信販会社になっている場合が多いためです。

車の購入時にローンを利用している場合でも銀行等から融資を受ける自動車ローンであれば、所有者(名義)は本人になっています。ディーラーや信販会社のローンを利用していると所有者はローンを組んでいる会社になっていることが多いです。所有者の確認方法は車検証(自動車検査証)の「所有者の氏名又は名称」という欄に記載されています。車検証は車のダッシュボードに入っていることが多いので確認してみましょう。

ローンが残っていても車の所有者が本人(あるいは家族)であれば、ローン支払い途中でも特別な手続きは必要なく売却することが可能です。もちろんローンはそのまま完済する必要があります。

ローン残ありの車を売るためには

車の所有者がディーラーや信販会社になっている場合はローンの組み換えを行った上で、車の所有者を本人に変更した上で売却する必要があります。元々支払っていたローンを一旦完済して、所有者を移した上で新たにローン完済分のローンを組む方法です(文字にすると少しややこしいです)。

新たにローンを組むと言っても、銀行や他の信販会社では簡単に借り入れを受け付けてくれません。車を売る時に発生するローンなので担保がなく金利が上がりやすいのも問題です。

まず考えなければならないことは「できる限り車を高く売ること」と「売却金額 - ローン残債がマイナスになっても新たなローンを組めること」です。売却金額でローンを完済できてしまえば全く問題ありません。しかし、通常のローン返済ではまず売却額より残債が上回ります。

ローン残に対応してくれる高額買取店を探そう

ここで利用すべきサービスが車買取店です。車買取店はその名の通り、不要になった車を買取ってくれます。そして買取業者の中にはローン残債を一旦精算し、新たにローンを組み直してくれるサービスを行っている会社があります。よりスムーズにローンが残っている車を売ってもらうための一連のサービスです。

ガリバーでローン残の車を売る場合
カーセブンでローン残の車を売る場合

このようにローン残債があってもスピーディな車売却に対応するため、自社で残債対処のサービスを行っている会社はあります。

では、今上げた2つの会社どちらかで売ればよいかというとそうではありません。ローンはできる限り残らないほうが良いので、まずはより高額で車を売れる買取店を探し、なおかつローン残債処理に対応してくれるか確認するのがおすすめです。

車の売却価格は買取店によって思った以上の開きが出ます。同じ車で35万~58万の間で売却額(査定額)の開きが出た例もあります。もっと大きな売却額の差になることもあります。ですので、まずはより多くの買取店の査定を受けて高額で売却できる店舗をいくつか見つけましょう。その上で、ローンの残債対応ができる会社に絞ればよりズムーズに、ローンをできる限り残さずに車を売ることが可能になります。

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定