車検切れ間近のタイミングで車を売ると、売却額や査定額が下がってしまうと考えている人が多いですが全くそんなことはありません。

車検切れの車に乗らないから業者に依頼して廃車にしてしまう方もいますが非常にもったいないです。まだ乗れる車ならもちろんのこと、事故車や自走不能車でも売却できるので車検切れ程度で廃車にはしないように気をつけてください。

車検は新車時を除き通常2年ですので、2年間まるまる車検期間が残っていれば多少の査定アップは望めます。しかし、車検切れ間近や車検切れした車でもその影響で売却額が下がる要因にはなりえませんので安心してください。

逆に、「車検切れているからマイナス査定です」などと言ってくる業者には絶対売却しないようにしましょう。次回の車検までの期間が長いと多少の査定アップは見込めますが車検切れだけでのマイナス評価はありません、車検切れ・車検切れ間近の車を売ろうとしている方にはポイントになります。

車検切れ間近でも車を売るための車検は受けない

次回車検までの期間が長いほうが売却額が高くなるのなら、車検を受けてから売るほうがお得?と思われるかもしれません。しかしそれは違います。車検を受けてから査定を受けても、むしろトータル金額としてはマイナスになります。

車検費用 > 車検期間2年でのプラス査定

車検は2年分の期間が残っている場合は売却金額がプラス査定になります。しかし、車検費用がおおよそ10万円程度かかるのに対し、車検でのプラス査定はよくて5万円程度です。

査定額だけを見るとプラスになりますが車検費用を含めたトータルでは損をしてしまいます。車検は受けずに売却したほうがお得です。

車検を受けても得をすることといえば、売却する中古車買取店まで自走できることぐらいです。

車検切れの車をそのまま売るには

車検切れの車は当然自走できないので、売却するとしても中古車買取店やディーラーまで持って行くことはできません。

売る時には中古車買取店に車の置いてある場所まで出張査定してもらうのが良いでしょう。出張査定と言っても、一切の料金はかからず無料で査定してくれます。絶対に車を売らなければいけないということでもありませんので安心してください。

車の無料査定の中でもインターネットから簡単に複数社への査定申込ができるサービスが便利です。必要事項を一度入力するだけで依頼でき、自宅への出張査定も全買取店で行ってくれるので、車検切れの車を売る時には非常に重宝するサービスです。

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定