車検切れの車はそのままでは公道を走れないので、運転することすらできません。運転できないということは売りたくても車の買取店に運ぶことすらできないということです。車検切れの車を自宅で賢く売る方法を詳しく紹介していきます。

車検切れの車に乗らないならすぐにでも売っちゃおう

車検が切れてしまった車に今後も乗ろうとお考えであれば問題ありませんが、このページを読んでいるということは車を売却する方向で考えているのだと思います。車検が切れるまで放おっておいたけどもう使わないから売ろう…こういうこと実は結構あります、対処法もしっかりありますので安心してください。

ひとつだけ気をつけたいのは、車の売却価格というのは徐々に下がっていきます。年式が古くなったり、走行距離が長くなったり(走ってない場合は増えませんが)、後継車が登場したり…車の価値が下がる要素というのは考えているよりも多岐に渡ります。売りたいと考えたら、出来る限り早く動いたほうが高く売れる可能性があがります、できるだけ早く動きましょう(できればこのページを読み終わってすぐに)。

ずっと放置しておくと自動車税等の費用がかかる

車を放置しておくことで車の価値が下がるだけでなく、自動車税等の維持費もかかってしまいます。最悪、車検は車に乗らなければ受ける必要はありません。しかし自動車税、自動車保険(任意に入っていれば)等は車を所持しているだけで発生してしまいます。使わないのであれば売ってしまいましょう。

車検切れの車は無理して車検を通さないほうがお得

車検切れで車を売ると売却額が低くなる?でも説明した通り、車検を通したほうが売るときに高くなると思われがちですがそんなことはありません。車検ありでプラスされる査定額よりも車検に掛かる費用のほうが圧倒的に多くなってしまいます。

もう乗らないのであれば車検は通さずにそのまま売却するのが賢い方法です。

バッテリーがあがったり故障していて廃車に近い時もこの方法

ただ車検が切れているだけでなく、バッテリーがあがったり故障していてそもそも不動車だったりする場合もあるかもしれません。しかし、それもこの方法で売却してしまうのがベストな方法といえます。

エンジンが動かないような不動車でも動かないからと言って、廃車の引き取り業者にお金を払ってまで引き取ってもらうのは非常に損をしてしまいます。なんたってその車は売れる可能性が非常に高いのですから。

自宅で売却までを済ませてしまう

車検が切れているので公道を走れない、このままではどこにも行けないから売りにすら行けません。罰則が厳しいのでそのままで運転することは絶対に許されません。

だからといって仮ナンバーを取得してわざわざ近くの買取店まで出向く…なんてことは時間もかかりますし余計な費用もかかってしまいます。なにより、その買取店が高い金額で買い取ってくれるとは限らないのです。仮ナンバー期間は3日と短いので、その期間中に査定してもらう会社も限られます。

自宅のPCやスマートフォンから必要事項を入力(数分程度で完了)するだけで、近くの買取店複数社の査定を一気に受けることができる一括査定サービスを利用しましょう。

時間がかからずに査定を受けられもちろん費用は一切かかりません、なにより複数社に査定してもらうことで思っていたよりも高額で買い取ってもらえる可能性が非常に高くなります。

もうお金を払って引き取ってもらうしかなかった車が、お金をもらって買い取ってもらえるサービスを利用しない手はありません。大手買取業者から地域密着型の小規模な業者まで一気に査定を受けられますので、できるだけ早く利用して車検切れの車を高く売却しましょう。

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定