車を売るときに最も利用される方法がディーラーや中古車販売店の下取りです。車を売る時に最も多い理由が「車の乗り換え」だからです。車の乗り換えと同時に今まで乗っていた車を手放すことが多いので、車を乗り換えるタイミングで売却します。この場合、新しい車を購入する(新車・中古車)販売店でこれまで乗っていた車を新車購入代金の一部として充当してもらいます。これが下取りです。

下取りもメリットとデメリットがあり、車の売買が完了するまでの時間や手間で考えると最も効率が良いのが下取りです。一方で車を売るときの価格があまり高くなりません。

下取りのメリット

  • 車を売る手間が省ける、新車購入と古い車の売却が1つの店舗で完結する
  • 車を乗り換えるタイミングまで古い車に乗ることができる
  • 車の乗り換えのたびに同じ店で手続きすれば信頼関係が生まれる

下取りのデメリット

  • 車買取専門店よりも売却額が低く(安く)なる
  • パーツの改造やドレスアップ車が査定アップとして評価されない
  • 他社メーカーの査定額が低くなる
  • 下取り額と新車の値引き額が混同され本当に下取り額が高いかわからない

下取りでは車の売却相場があってないような物だと思ってください。新車ディーラーや中古車販売店は主に車を顧客に販売することで利益をあげます。下取りは新車を購入してもらうためのサービスの一貫で、不要になる車を引き取ることとその不要な車を買取って新車購入額を減額することでお客さんへのお得感を演出します。

新車の車両価格やオプション価格でも減額はできますが、限度が決まっています。そこで下取り額で調整して、新車を安く購入できるように表面上演出します。これは明細にもきっちり書かれていますので、決して新車販売業者が騙しているわけではなくお客さんに満足感を得てもらうための演出だと捉えています。

このように下取り価格は調整されているので相場はほぼ当てになりません。やはり下取りを予定していても車買取専門店に査定してもらうのが良いでしょう。

思わぬ高額査定をもらいそのまま売ってしまうことも可能ですし、異なる業者から車の評価額を聞いておくことで下取り額を確認した時にも冷静に対処することが可能です。

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定