新車乗り換えのタイミングで古い車を手放す人は多く、その場合に利用できるのが下取りと買取です。どちらを利用した方がお得か楽かは、車によっても違い人によって感じ方も違ってきます。買取は古い車の単独売却なので、「買取価格=車の評価」が成り立ちます。しかし車の下取りは新車購入金額の一部になり、実は新車の値引き額などとも関連してきます。よって「下取り価格=車の評価」が成り立ちません。

新車は基本的に値引き額で購入できる、値引きありきの売買です(後ほど詳しく説明します)。この値引き額は店によって最大限の金額が決まっているため、あと少しの値引きで購入してくれそうなお客さんがいたとしても最大値引き額以上落とすことができません。そこで調整役として使われるのが「下取り額」です。値引き額の最大値が決まっているために下取り額を高くしてお得感を演出します。よって「下取り価格=車の評価」が成り立ちません、値引き額ありき・購入してもらえそうかどうかが鍵になります。

本来であれば損をせず1番お得に新車を購入するには「トータルで支払う金額」を冷静に判断すべきです。「新車価格200万円から5万円値引き」よりも「10万円の下取り額を15万円にアップ」の方が心理的にお得感が増し、これまでの愛車を評価してもらえた気分になるので、新車販売店はお客さんに気分よく車を購入してもらいやすくなります。しかし、最もお得に新車を購入するにはトータルの支払額を考えなければならないので、「下取り価格」「買取価格」「新車の値引き額」は全て独立して考える必要があります。

これは難しい話ではなく、以下の順番で新車の購入を行えばより安く購入できる可能性が高まります。

  1. 古い車を複数の買取店で査定する
  2. 新車を下取り価格なしの値引きありで見積もる
  3. 新車を下取り価格ありの値引きありで見積もる
  4. トータルで最もお得になる方法を選択する

この順序で行えば、先述した「下取り価格」「買取価格」「新車の値引き額」が実際にいくらになるか?を単独で見積もってもらえ判断材料にすることができます。

車の値引き価格と下取り価格

新車の見積書を見てみると以下の様な明細になっています。メーカーや店舗によって一部異なりますが、大幅に違うことはありません。

車両本体価格
200万円
値引き額
10万円
オプション(付属品価格)
25万円
販売諸費用(税金・保険等)
15万円
下取車価格
20万円

表の中で赤字項目が実際に値引きしてくれる金額です。見積書には赤字の値引き額と下取り価格が一緒に載っているため、新車販売店はお互いの数字を上下させてお客さんの満足度をあげならが、できるだけ値引きしない新車販売を目指します。下取り額で頑張ってくれる販売店もありますので、一概にやり方が汚いとは思いません。それよりも、購入者も全てひっくるめた数字でなんとなく安そうと感覚で決めてしまうのではなく、買取店の査定もきっちりと行い販売店と対等に交渉できる材料を揃えておくのが賢い方法です。

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定