修復歴のある車は当然のことながら修復歴なしの車よりも査定額は低くなります。修復の場所や大きさによって査定額がどれぐらい減額されるのかは一概に言えません。最低でも20%程度は減額されます。それでも少しでも高く修復車を売る方法があります。車の査定会社を賢く使って高く売りましょう。

修復歴は聞かれた場合に答える

車の修復歴基準は日本自動車査定協会(JAAI)で決められています。厳密には車の骨格部分を修理すると「修復歴車」となります。車を売る時に全て覚える必要はありませんが、もし修復した箇所があれば以下の記事で確認してください。

車の修復歴はここで判断される

上の記事を見てもらえばわかりますが、修復歴は車の骨格部分を直すのでかなり大きな修理になります。大きな事故などがない限り多くの車は「修復歴なし」となります。

これだけ大きな修理をすると査定会社の査定士やディーラーは100%に近い確率で修復跡を見つけます。「修復歴はありますか?」と聞かれるのはほぼ確認のためだと思ってください。隠しても心象を悪くするだけでメリットはありません。修復した事実があれば伝える、なんらかの理由(ワンオーナーではない、覚えてない等)でその場でわからない場合は「わからない or 覚えていない」と正直に回答すれば問題ありません。嘘をつくのにメリットはないのでやめましょう。

査定会社やディーラーで基準が異なるのでたくさんの査定を受ける

修復歴は隠しても意味がないということを理解して頂けたでしょうか。理解して頂けた上で、ここからが最も修復歴車の査定には重要な部分です。

修復歴というのは前述した通り、日本自動車査定協会(JAAI)で基準が決められています。しかし実際に同じ車を査定に出すと「修復歴あり」と査定結果を出す会社と「修復暦なし」と査定結果を出す会社に別れることがあります。修復暦基準はありますが、実際には修復暦有無の差がでます。

査定会社は買い取った車を売る査定会社専用のオークションがあります。このオークションは全国に複数あり、そのオークション会場でも展示する車に一定の基準を設けています。査定会社は実際にオークション会場で売却するのでその会場の基準に照らしあわせて査定します。

売却を考えているオークション会場や査定士によっても修復暦の有無には差がでてきてしまいます。当然査定会社ごとでも差がでます。冒頭で述べた通り、修復暦ありだと最低でも20%程度は減額されてしまいます。ですので修復暦なしと査定してくれる会社で売る方が得になります。

修復暦なしと判断してくれる会社は実際に車を見るまではわかりません。そのためにも出来る限りたくさんの会社に査定してもらうことをおすすめします。たくさんの査定会社に一括査定してもらうには、一括査定依頼サービスが便利です。

車を高く売るなら無料の一括査定が便利

かんたん車査定ガイドで無料一括査定